FXや株の利益でも税金は納めないといけないのか


基本副業としての扱い

結論

FXや株式、それにその他ギャンブルでも儲けが出れば税金を支払わないといけません。

ただしすべての人が支払わなければいけないわけではないのです。

対象者は

収入が一定額を超えた人が対象です。実際には副業と同じ扱いになりますので、サラリーマンで20万以上、
フリーの人で36万を超えると対象となります。

ただし帳簿記入が義務づけられる青色申告を行えば基礎控除とあわせて100万円ぐらいまでは
免除されます。

経費

副業扱いなので当然経費もあり得ます。
ただなにが経費になるかはFXに限らず難しい所、パソコンは多目的なため本体を計上するのは難しそう、
インターネットは個人利用ならできるかもしれません。

他はFX関連の本やセミナー料金は経費にできるでしょう。
ただし領収書などのなにか証明できるものは残しておきたいですね。

また通常の契約では赤字を繰り越すこともできません。
法人化、もしくは特殊な契約形態が必要です。

FX取引証券会社の選び方
基礎知識
外貨預金との比較やリスク
スワップポイントとは
税金、確定申告
FX証券会社のスマートフォン、モバイル対応一覧
損失繰り越し
TOP