FXのスワップポイントとは、高い通貨とスワップ金利の高いFX会社とは


長期運用を考えている方向け

スワップポイントとはなにか

FXにて海外通貨を購入した時、毎日発生する金利のことです。
なぜ金利と言わないかというと金利と違い、発生するのは購入するときに利用した通貨と購入した通貨の
金利差であるため、場合によってはマイナスになるかもしれないという点と、FX証券会社ごとに
大きく違いがあるという別のシステムだからです。

どこの国の通貨を買えば一番スワップポイントを得られるか

昔はニュージーランドドルが最も金利が高くなっていましたが、現在はオーストラリアドル(豪ドル)が
圧倒的に高くなっています。(2014年現在では南アフリカランドが最高)

1万ドルを一日保有しているだけで100円くらい貰えます。
これを10万ドルにして1ヶ月保有すればそれだけで3万円近いお金になります。これはすごいことだと思います。

ただし他のニュージーランドドルや豪ドルは他の通貨と比べてスプレッド(手数料)が高かったり、資源国なため、
不景気のときに一気に値が下がる事もあります。

どれくらい下がるかというと現在、近年まれに見る円高ですが、それでも1豪ドルは80円です。
これがリーマンショック後の最安値では55円まで下がっています。
10万ドル保有し続けたとしたら損失は250万円にもなります。

ただ逆に景気がいい時は上がりやすく、最高100円以上のときもありました。

また通貨の金利はその国の政策金利発表によって変化し、各証券会社もそれによってスワップポイントを
変更するためその情報を良く見ていないといつの間にか利益が変わってしまっている、ということも
ありますので注意してください。

経済指標の発表はこちらなどを参考にしてみてください。
政策金利以外にも雇用統計などの重要指標発表時には大きく通貨の価格が変化する場合があります。

現在豪ドルの金利が低くなってきているため、スワップポイントだけを見たらアフリカランドや
トルコリラが高くなっていますが、この二つはスプレッドが高くなりがちなことから
長期保有でなければ不利になることも多いため、よく考えてどちらが得が確認してみたほうが
よいでしょう。

一番スワップポイントの高いFX証券会社はどこか

現在は他のFX証券会社のスワップポイントを常に見続けているという「フォーランドオンライン
が一番でしょう。

特に豪ドルでは圧倒的に高く他が高くても90円台なのに対し、フォーランドは「110円~120円」ほどの
高値をつけています。

長期保有すればするほど差は広がっていくでしょう。

ただしフォーランドの注意点としてはAndroid対応していないことと、スプレッドがかなり高いということです。
豪ドルは他が2銭~3銭くらいなのに対し、フォーランドでは5銭です。

一度売買してしまうとスワップポイントでスプレッド分を取り戻すのに1週間くらい保有しないといけません。
逆にいえばそれ以上保有するなら特になります。
豪ドルで短期売買をしたいなら他の証券会社を探してみましょう。

あとなぜか米ドル/円だけスプレッドが低く6銭と業界最低水準なので、短期売買なら米ドルで行うといいでしょう。

また、FX証券会社全体で考えると、FX会社も利益を生むためにやっているので、手数料(スプレッド)が安いところは
スワップ金利を少なくして利益を出す傾向にありますし、逆にスワップ金利の高いFX会社は手数料(スプレッド)が
高い傾向にあるので、どちらも完璧、というところはないように思えます。
ですので、自分の投資法にあったところを選ぶのが一番でしょう。

いつスワップポイントが発生するか

ロールオーバー時間というのがあり、その間だけでも保持していれば発生します。
詳しくはこちら → ロールオーバー時間について

土日分の金利は木曜日に一挙に発生することに注意しましょう。

年利はどれくらいになるのか

スワップポイントでどれくらいの儲けが出るか考えるのにわかりやすいのが年利にしてみることです。
FXはレバレッジがかけられるのでうまくいけば外貨預金の数倍の年利を得られます。
詳細はこちら → FXとスワップポイントの年利

証券会社の選び方
FX証券会社、スプレッド一覧比較
各証券会社のレビュー
ブラジルレアルとはどういう通貨か
FX、外貨預金双方の比較
外貨預金とFXの比較
株などの税金、確定申告
インフレとデフレのメリット
ユーロ圏の通貨
日本、借金の理由
各国通貨
過去の為替レート
戦略
TOP