FX(為替取引)で重要指標を狙った売買戦略


大きく値動きするときがチャンス

重要指標の発表を狙うとは

例えば今、米ドル/円の取引をメインでしていて、買い時、または売り時がわからない場合は
アメリカの雇用統計発表などの経済指標を参考に取引するという手法があります。

この戦略のいい所は普段値動きの少ない米ドル/円でも大きく値動きするため利益を得やすい事です。
ただし損もしやすいので損切りも明確にしておいたほうがいいと思います。
また値動きは指標発表後が一番大きいとは限らず、大抵は市場予想というものがあり、発表前はそれに
つられて徐々に動いていきます。
そして発表内容が予想通りならほとんど動かないということもあるのです。

逆に指標予想と比べて大きく上昇した、または悪化した場合は値動きが激しくなる傾向にあります。

注意点

FX証券会社では取引量があまりにも多くなるとスプレッド(手数料)が大きくなるため、下手をすると
利益確定したつもりが損失になっている、なんてこともありますので重要指標の発表後はスプレッドを
よく確認したほうがいいでしょう。

また、指標で大きく値が動くと利益確定やロスカットが頻発することもあるので、必ずしも悪化したから
値が下がる、よかったから値が上がるというわけでないことにも注意してください。

フォーランドフォレックスの評判
各証券会社の比較をする
なぜ円高になるのでしょうか
TOP