FXのIFD注文について


短期取引ほどギャンブル性が高くなる

FXのIFD(イフダシ)注文とは

通常、売買注文を指値で出す場合はいくらで売買するか、ということだけを指定しますが、FXのIFD(イフダシ)取引
を使えば売買した後、いくらで決済するか、までを指定できます。

いつ利用するか

自分の中にいつ買っていつ売るかの明確なルールが決められている場合や外出先で取引ができない
場合に便利です。

普通に指値で売買だけ成立させて外出しては売り時を逃してしまう可能性がありますが、
IFDの昨日で決済注文まで出していれば画面に張り付いていなくても自分の好きな取引が出来るからです。

FXのスワップポイントとはなにか、高い通貨と証券会社
税金、節税、確定申告
長期保有の利点やリスク
スワップ生活、高金利を狙う
TOP