FXでの損切と損失確定


勇気を出して決済

損切りとは

含み損が出た状態でこれ以上損失が増えないように自ら決済をすることです。

そのまま保持していればいつか為替変動したとき利益が出るかもしれませんが、
損失が拡大する可能性も当然あるためある程度の所で決済するというのを決めておくのは
基本です。

また証券会社によってラインは違いますが、口座の維持率が一定未満になると強制的に
ポジションを決済させるようになっています。

損切りのリスク

自分が決済したとたん値が反対方向へ動くというのはよくあるものです。
そうなると今度はどこでポジションをとればいいかわからなくなってしまうこともあります。

買いの場合で考えてみると損切りやロスカットが大量に発生すると値が一時的に下がるため、
売りポジションの人が利益確定で決済します。
そうなると今度は値が上がってしまうわけですね。

そのため極端な値動きをしたときに決済するのは危険かもしれません。

証券会社の選び方
為替の基礎知識
外貨預金との比較
スワップポイントとは
売りと買いポジション
ロスカットとは
スプレッド一覧比較
為替介入の損失、利益
デイトレ
レバレッジ
FXの入門サイトTOP