外国為替の初心者知識、売りと買いポジション


様々な戦略がたてられる

売りポジションとは

円で外貨を買うのではなく、円を他の通貨に対して売るポジションのことです。

外貨預金にはない、FXならではのシステムです。

このポジションでは円の価値が上がれば上がるほど利益が出るため円高でも儲けを出すことができます。
ただ最大の欠点として長期保有するとスワップポイントがマイナスになるため金利損が発生するということです。
ただ円の金利が上がったり、低金利の通貨に対しての投資の場合はその限りではありません。

買いポジションとは

外貨預金と同じく円で米ドルなどを購入する事です。

基本、円安になれば得をし、円高になれば損をします。
ですが日本のゼロ金利政策のおかげでスワップポイントが得られるため、外国の通貨は上がらなくても
保有しているだけで得になります。

いつ売り、いつ買いにすればいいのか

日本が金利をあげるなど円の価値が高くなると判断された場合は外貨を円に換える、もしくは円売りポジションを
とり、他国の金利上昇や円売り介入など入りそうな予兆があれば外貨を買っておくなどある程度は予測できることも
あります。

ただしすべてがうまくいくほど甘くはないので、ある程度は逆方向へ動いても耐えられるよう損切りを決めておくか
レバレッジを低く設定しておく必要があります。

証券会社の選び方
FXについての基礎知識
外貨預金との比較
スワップポイントとは
ロスカットとは
FXで損切、損失確定
為替介入
税金関連
レバレッジ
FXの取引初心者向け入門